感染対策・健康や医療相談の情報について

更新日:2024年06月21日

新型コロナウイルス感染症の医療の相談

相談したいとき

発熱等の症状が生じた場合
○症状が軽いなど、自宅で速やかな療養開始を希望される場合:
抗原定性検査キット(国が承認したもの)でセルフチェックし、検査キットで陽性の場合には、すぐに自宅療養を開始できます。
○高齢や基礎疾患、子ども、妊婦等により受診を希望される場合:
かかりつけ医や外来対応医療機関に電話等でご相談ください。

※ 発熱等の受診を希望する場合は、緊急の場合を除いて、直接受診する前にかかりつけ医や外来対応医療機関にご相談ください。
※ かかりつけ医がいないなど相談先に迷った場合は「受診・相談センター」(地域により名称が異なることがあります)にご相談ください。

各都道府県における、相談・医療体制に関する情報や受診・相談センターの連絡先

【妊娠している方】

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに受診・相談センター等に御相談ください。

【子どもをお持ちの方】

小児については、小児科医による診察が望ましく、受診・相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、診療・検査医療機関等をご紹介しています。無理のない範囲でマスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

なお、本人の体調がすぐれず持続的なマスクの着用が難しい場合は、無理に着用する必要はなく、マスクを着用する場合は、保護者や周りの大人が子供の体調に十分注意した上で着用をお願いします。

治験※への参加を検討される方

治験への参加を検討される方については、コールセンター連絡先など関連する情報を掲載していますので、こちらのホームページをご確認ください。
 
※治験とは
新型コロナウイルス感染症のような新しい感染症に効果のある新しいくすりを誕生させるために、さまざまな企業や研究者が「くすりの候補」を開発しています。
「くすりの候補」の開発では、患者さんに協力してもらい、くすりの効果と安全性を調べることが必要です。「くすりの候補」を用いて国の承認を得るための成績を集める試験は「治験」と呼ばれています。
治験には、患者さんご本人に加えて、患者さんの同居者等の濃厚接触者に協力いただくものがあります。  

相談後、医療機関にかかるときのお願い

医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

電話・オンラインによる診療を希望するみなさまへ

電話やオンラインによる診断や処方を受けたい場合は、まずは、普段からかかっているかかりつけ医等にご相談ください。

かかりつけ医等をお持ちでない方は、こちらのホームページに電話やオンラインによる診療を行う医療機関のリストを掲載していますので、掲載されている最寄りの医療機関にご連絡ください。

※ただし、電話やオンラインによる診療に適していない症状や状態の場合は、医師の判断で診断や処方は行わず、医療機関における対面の診療を勧めることがあります。

具体的手順はこちら

新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)について

○新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)についてご案内しております。
上手な医療のかかりかた.jp

○上手な医療のかかり方
1. 過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
2. 健診や持病の治療、お子さまの予防接種などの健康管理は重要です。
3. 医療機関や健診会場では、換気や消毒でしっかりと感染予防対策をしています。
4. 健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医・かかりつけ歯科医に相談しましょう。

相談窓口

厚生労働省による電話相談について

今般の新型コロナウイルス感染症について、厚生労働省の電話相談窓口を設置しています。

※令和6年9月末をもって、国の新型コロナウイルス感染症電話相談窓口及び新型コロナワクチンコールセンターは運営を終了します。

※発熱等の症状が生じた場合

  • 症状が軽いなど、自宅で速やかな療養開始を希望される場合、抗原定性検査キット(国が承認したもの)でセルフチェックし、検査キットで陽性の場合には、すぐに自宅療養を開始できます。
  • 高齢や基礎疾患、子ども、妊婦等により受診を希望される場合には、かかりつけ医や医療機関に電話等でご相談ください。

お電話でのお問い合わせの際に、間違い電話となり、ご迷惑をおかけする事象が発生しています。ご連絡の際には、電話番号をよくお確かめの上、くれぐれもお間違えのないようお願いします。
※オペレーターへの暴言、性的発言、セクハラ等の入電はご遠慮ください。他の入電者様の対応に支障が生じております。

聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

新型コロナウイルス感染症電話相談窓口(令和6年9月30日終了予定)

電話番号:0120-565-653

新型コロナワクチンコールセンター(令和6年9月30日終了予定)

電話番号:0120-700-624
海外からのご相談:(+81)22-745-4077

  • 対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語
  • 受付時間:下記参照(土日・祝日も実施)
  • 日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:9時00分~21時00分
  • タイ語 : 9時00分~18時00分
  • ベトナム語 : 10時00分~19時00分