ページの先頭です

戸籍

[2012年1月20日]

戸籍の届出

 戸籍は夫婦とその子を単位としてつくられます。子供が生まれると、その子は父母の戸籍に入りますが、その子が成長して結婚すると、父母の戸籍から出て新しく夫婦の戸籍がつくられます。

 「本籍」とは戸籍のあるところをいい、「筆頭者」とは戸籍の最初に名の書かれている人のことをいいます。

  • 届出の期間が定められているものは、必ず期間内に届けてください。
  • 戸籍の届出は閉庁日でも受付します。
  • 外国人の方も日本の戸籍法に基づく各種届出ができます。
届出の種類と要件
届出の種類いつまでにどこの役場に届出人届出に必要なもの
出生届生まれた日から14日以内

○出生地

○住所地(届出人の)

○本籍地のいずれか

父母等

○出生証明書

○母子手帳

○国民健康保険証(該当者のみ)

○印かん

※出生届 子の名は常用漢字、人名用漢字、ひらがな、カタカナ以外つかえません。

死亡届死亡の事実を知った日から7日以内

○死亡地

○住所地(届出人の)

○本籍地のいずれか

親族等

○死亡診断書(検案書)

○国民健康保険証(該当者のみ)

○老人医療受給者証(該当者のみ)

○国民年金手帳または証書(該当者のみ)

○印かん登録証(該当者のみ)

○印かん

○介護保険証(該当者のみ)

※死亡届を出されましたら埋葬または火葬の許可証を交付します。

婚姻届届出された日が婚姻日となります。夫または妻の本籍地または住所地夫および妻

○届出地に本籍がない人は戸籍謄本1通

○届書に証人2名の署名押印が必要

○印かん

転籍届本籍を変えたいときいつでも

○本籍地

○住所地

○転籍地のいずれか

筆頭者および配偶者

○戸籍謄本1通(町内での転籍は戸籍不要)

○印かん

その他

ほかに入籍届、離婚届、認知届、養子縁組届などがあります。

婚姻・離婚・養子縁組・養子離縁の届出の際は、届出人の本人確認のため、公官署が発行する顔写真付の証明書類を提示していただきます。くわしいことは住民課へ。

戸籍等の郵送請求

 戸籍などは、郵送で本籍地のある市区町村長に請求することができます。便せんなどに下記の「請求書に必要な記載事項」を参考にして請求書を作成し、次の必要なものを同封し本籍地のある市区町村へ郵送してください。

 【必要なもの】

  • 返信用封筒(切手を貼り、住所、氏名を記入したもの)
  • 請求書(「請求書に必要な記載事項」を参考)
  • 定額小為替(郵便局で購入して同封)

【請求書に必要な記載事項】

  • 本籍
  • 筆頭者の氏名
  • 戸籍等の種類と通数
  • 必要な方の氏名(抄本の場合)
  • 使用目的および提出先
  • 請求者の氏名と筆頭者または必要な方との続柄
  • 請求者の住所
  • 昼間の連絡先の電話番号

こちらから戸籍謄抄本等の請求書(郵送用・窓口用)がダウンロードできます

お問合せ

和束町役場 税住民課

電話: 0774-78-3005 ファックス: 0774-78-2799


戸籍への別ルート