ページの先頭です

児童手当

[2017年3月1日]

児童手当制度について

 児童手当は、次代の社会を担う子どもの健やかな成長のために子どもを養育している方に対して支給するものです。

支給対象者

 日本国内に居住する中学校修了(15歳になった後の最初の3月31日)までの子を養育している方

 ※公務員の方は、勤務先で支給されます。

支給月額(児童1人あたり)

(1)3歳未満  15,000円

(2)3歳から小学校終了まで(第1、2子)  10,000円

(3)3歳から小学校終了まで(第3子以降)  15,000円

(4)中学生  10,000円

※児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として一律月額5000円を支給します。

※第1子、第2子、第3子等の数え方は、18歳の誕生日後の最初の3月31日までの児童を、年齢が高い児童から数えます。

所得制限の限度額
 扶養親族などの数所得制限限度額  収入額の目安
 0人 622万円 833万3000円
 1人 660万円 875万6000円
 2人 698万円 917万8000円
 3人 736万円 960万円
 4人 774万円 1002万1000円
 5人 812万円 1042万1000円

支給日

 児童手当は原則として、毎年6月、10月、2月の15日(土・日・祝日の場合は直前の平日)に、それぞれの前月までの4か月分を指定された口座に振り込みます。

認定請求手続き

 初めて子どもが生まれたときや和束町に転入したときは、児童手当の請求手続きが必要になります。児童手当は原則として請求のあった月の翌月分から支給されますが、出生日や転入日が月末に近い場合、申請が翌月になっても出生日や転入日から15日以内であれば申請月分から支給されます。

 

〈申請に必要なもの〉

  • 印かん(スタンプ印以外のもの、認印可)
  • 請求者(生計中心者)の健康保険証
  • 請求者名義の普通預金通帳またはキャッシュカード(名義のわかるもの)
  • 他市区町村で課税がある場合は、所得課税証明書
  • 請求者と配偶者のマイナンバー(個人番号)がわかるもの
       個人番号カードまたは通知カードが必要です
  • 支給対象児童の住所が他市区町村にある場合、児童が属する世帯全員の住民票、児童のマイナンバーなどが必要になります
  • その他の手続き

    現況届

     受給要件の確認のため、受給者の方に毎年6月に現況届を出していいただきます。郵送で現況届を送付しますので、手続きを行ってください。
     なお、受給者を判断するため、受給者・配偶者ともに所得審査を行います。審査の結果、配偶者の方が所得が高い場合は、受給者を変更していただくことになります。
     現況届が提出されない場合は、6月分以降の児童手当を受給することはできません。

    額改定認定請求

     受給者で出生等により支給要件児童(18歳以下の子ども)の人数に増減があった方は手続きが必要となります。

    消滅届

     転出や離婚等により受給資格がなくなったときに手続きが必要です。

    お問合せ

    和束町役場 福祉課

    電話: 0774-78-3006 ファックス: 0774-78-2799